那覇人妻出会い

那覇人妻出会いSNS

33歳の夏、私は那覇人妻セフレ出会いSNSである人妻と知り合いました。

 

独身で恋人もおらず周りの友人達はもう皆結婚していってしまったのもあって、休日も既婚者を誘うのはなんだか気が引けるところもあって、一人で趣味にふけったり飲みに出かけたりして過ごしていました。

 

それなりに生活は送っていましたがそれでも寂しく感じる日はあるもので、ふと那覇人妻出会いSNSを使ってみようと思いました。

 

特別すぐに会いたいなどではなく、ただ話し相手がほしかったというのが正直なところです。登録を済ませて「話し相手が欲しい」というような内容で書き込みをしました。

 

書き込んですぐ何通かメッセージが来ましたが、おそらくどれも業者かなと思えるような誰にでも送れる文面だったのでスルーしておきました。

 

やはり男が出会い系で出会うのは難しいのかなと思っていると、1通「私も寂しい毎日です。もしよければお話したいです。」というメッセージが入ってきました。

 

なんとなくこの人はちゃんとお話ができそうかなと思い返事を書きました。

 

お互い那覇に住んできて、共通の趣味などもあり楽しくメッセージ交換ができました。

 

彼女2つ上の既婚者の方で、1人子供がいるけれどもう大きいらしく、子育てに手を焼くことがなくなったこともあり人生に寂しさを感じていたそうでした。

 

それから半年近く、ほとんど毎日メッセージを交換したり時々は電話で話したりもしました。いつの間にか日課になっていったメッセージ交換をする中で私は彼女に会ってみたいと思うようになってしまいました。

 

今思えばこの時すでに彼女のことを好いていたんだと思います。彼女にその事を伝えると彼女も同じ思いだということがわかり、彼女の家庭の都合のいい日に会う約束をしました。

 

おそらく家から家までは車で2時間くらいの距離でかなり離れていたので、だいたい中間くらいのそれなりに栄えた駅で待ち合わせしました。

 

那覇の綺麗なセフレ人妻

那覇の国際通りにあらわてた彼女は想像していたよりずっと小柄で白い綿雪のような印象の綺麗な方でした。

 

彼女の車を駐車場にとめて私の車で一緒にホテルに向かいました。泊まる那覇のホテルは事前に二人で決めて予約していたのでスムーズに手続きを済ませてチェックインし部屋に着きました。

 

ドアを閉めてすぐ、彼女を抱きしめました。数分そのまま動かず二人で抱き合っていました。

 

キスをすると彼女も優しく答えてくれてそのまま二人でベッドに行き、服を脱がせると小さな体からはみ出そうなくらい大きな胸がでてきました。

 

優しく手の平全体で揉むと、彼女の息づかいが激しくなっていったのでスカートも脱がせパンティの上から指でなぞると、トロトロに熱くなった液体が指に絡みついてきました。

 

顔をみたら恥ずかしそうに目をそらす彼女がとても可愛くて印象に残っています。

 

その後私も我慢できなくなったので服を脱いで彼女のトロトロになった秘部にゆっくりと挿れて深く愛し合いました。

 

それからも彼女とは毎日連絡を取り時々時間を見つけて会っては抱き合っています。

 

驚いたのは、最初にエッチをしてから彼女の中で何かが変わったのか、どんどんエッチになっていって色んな要求をしてくるようになりました。

 

「一緒にしたいから一人でしないでね。」なども言われていて、会えない時は電話で一緒にオナニーしたりもしています。

 

毎日のようにエッチな話などもしていますが、多分それは体ではなく心が満たしあう為の方法なのかなと思ったりもします。

 

きっと彼女が既婚者ではなければ求婚していたと思います。

 

求婚するとこの幸せが壊れてしまいそうなのでしばらくこのまま今を楽しもうと思います。


欲求不満の人妻多数!

人妻出会いSNS