横浜人妻出会い

横浜人妻出会い系で人妻ゲット!

横浜の大手メーカーに勤める40代のサラリーマンです。結婚して5年になります。子供はいません。

 

大手メーカと言ってもお客様窓口で日々顧客の苦情につき合わなければならない部門の責任者なのでストレスはかなりありました。

 

お見合いで結婚した妻は口うるさく少しうんざりしていました。

 

妻も小さな会社の事務職としてアルバイトをしています。

 

妻も時々帰りが遅くなりコンビニ弁当を夕食で買ってきて食べたり、すれ違い生活の中でお互いに恋愛感情は薄れてしまいました。セックスレスでもう1年になります。

 

プロフィールには、癒される関係を築きたい、人妻のセフレが欲しいと正直に書きました。できるだけもてたいという下心から大手メーカ勤務と書きました。

 

横浜人妻出会いSNSをのぞましたが「すぐ会いたい」アダルト人妻掲示板にはプロっぽい女性が多く警戒してしまします。

 

バイブで逝きたいとかフェラが上手だとか素人女性とは思えません。

 

ただで利用できる日記には、今日一日思ったことや、テレビドラマの感想等を時々書き込んでいきました。そのうち気になりますメッセージが入ってきたり、日記にコメントをもらえる様になりました。

 

そんなある日に川崎の人妻からメッセージをもらいました。

 

彼女は理系女子で「もし良ければメーカーの仕事というものついて教えてくれませんか」という内容でした。

 

まだ30歳の若い若妻。プロフィール欄にはセフレ募集でおじさん好きと書いてあります。

 

身長は150cmと小柄です。可愛いロり系なのかな?なんかエッチな展開も期待できて40過ぎのおじさんにとってはプレミアものの女性です。

 

嬉しさを押し殺しながら、次の土曜日お昼に一緒にランチをどうですかとメッセージを送りました。横浜の山下公園で待ち合わせることにしました。

 

紺のジャケットのズボンはチェック、青いカジュアルなショルダーバッグで身長は170cmですと特徴を書いておきました。

 

警戒心を解くために相手の写真や本名は要求しませんでした。

 

「有難うございます。楽しみにしてます?」という返事が返ってきてさらにドキドキ。おじさんのテンションも上がろうというものです。

 

妻には土曜日に関連会社の調査に行くからと言っておきました。よくあることなので全く疑念も持ってない様でした。

 

そして土曜日、少し緊張しながら山下公園で待っていました。約束の午前11時30分にはまだ30分も早い11時でしたがどんな子だろうと妄想は膨らみます。
10分過ぎた頃、後ろから○○さんですかと声をかけられました。

 

人妻で系の若妻

可愛らしいアニメ声、振り返ると童顔の可愛い若妻の笑顔が目に飛び込んできました。あまりに可愛いので驚きました。

 

薄ピンクのミニワンピに紺のコート。耳には白い輪っかのイヤリング、ポニーテールのロリ顔です。

 

「可愛い!こんな子が僕にメッセージくれるなんて思わなかったよ。」

 

「えーつ。でもお互いに写真も無いからわからなかったじゃないですか?」若妻は、いたずらっぽく微笑みを浮かべて私の顔を下から覗き込みます。

 

「今日は絶対この子をゲットするぞ。」かたく心に誓いました。ファミリー風の居酒屋に行かへん?と聞くと若妻はニコッと笑顔。

 

ランチが食べられる居酒屋に二人で入りました。それほど混んでない割にスペースはゆったり目なのでちょうど良かったです。

 

「パパ理系で化学工学を専攻しているんだけどもう一つ面白くないのよね。」でも就職は安定しているから大学に入ったのということでした。

 

ビールで乾杯してコロッケやフライ、海鮮サラダにから揚げを頼みました。

 

人妻もアルコールが入って話しやすくなったのでしょう。早いうちに両親が離婚して、お母さんが働く岡山の実家から離れて結婚で3年目ということでした。

 

「私お父さんの愛情を知らずに育ったので、なんかおじさん好きになっちゃって・・・」人妻の瞳が潤んでいます。

 

少し見開いた目の奥に黒い瞳が少し大きめで不思議な魅力を放っていました。」

 

「だから気に入ったおじさんに時々ご馳走してもらってるんだ」

 

「うーむ。パパ活てやつか。」少しがっかりしましたが、こんな可愛い子を抱けそうなチャンスをみすみす逃したくありません。

 

「そんなら、ちょっとホテルに行かへん?ゆっくり話を聞きたいし。」「うん。いいよ! もうエッチ行きたい?」なんか話はどんどん進んでいきました。

 

スマホでラブホを半日予約してタクシーをつかまえてすぐにホテルに向かいます。車の中では終始無言で貫きました。

 

チェックインしてホテルに入ると、女は、「おじさん、なんか癒されるう」と言って急に抱きついてきました。

 

思わず人妻を強く抱きしめました。理性がぶっ飛んだ感じです。人妻にキスすると、舌を口にねじ込んできました。人妻が私の舌を吸ったり、絡めあったり両腕で私の頭を強く抱えこんだりともう痴女の様でした。

 

人妻のFカップはある乳首を舌で転がすと、女は私のズボンのジッパーをおろしてパンツの中に手を入れてきました。

 

私の欲棒の先端部分に指でつつきながら、しごき始めました。そして人妻のぬめぬめした舌は私の耳を舐めまわします。

 

女はそう囁きながら私のパンツを脱がして強烈なフェラを始めました。あまりの快楽に私の頭は真っ白。

 

さらに女は私の欲棒に腰を沈めてミニワンピをきたままグラインドし始めました。「気持ちいい?」

 

騎乗位の体制で腰を大きく振り続けます。小柄なのか締め付けも強烈。たちまち欲望の水位を超えて人妻に中出ししてしまいました。

 

女は私を小悪魔の様な目でみて大好きと首に腕を回して抱きついてきました。これから2年はこの人妻とは付き合いたい。でも金がかかりそう。

 

ただもう後には戻れません。


欲求不満の人妻多数!

人妻出会いSNS